NTT日比谷同友会会員、NTTOBの皆様へ

家・まるごと活水!体と生活にやさしいNMR活水器 ニューウォーターマックス

家中の「水」を、まるごと「ミネラルウォーター」に!

人の生活に密着する「水」。一人が一日に使う水の量は、大体250Lと言われています。
『ニューウォーターマックス』は、「核磁気共鳴(NMR)」を利用した、水の凝集を小さくして浸透率の高い水を作り出す効果があり、活水器業界としても唯一「雑菌の減少試験」や、「含水量上昇試験」などの公式試験データを保有しています。

核磁気共鳴(NMR)とは

図1

図2

図3

奇数の原子番号の物質、例えば水素(原子番号1)の原子核は。図1の様に、原子核がN極とS極に分極しています。この分極(磁極化)している原子核に、ある特定の電磁波を与えると、原子核の磁極が共鳴を起こし、励起現象を起こします。この現象をNMR(Nuclear Magnetic Resonance)と言います。

浸透性が高い還元力を有する水を創る
1.水道水として供給される水は、水素原子(H)がプラス、酸素原子(O)がマイナスに帯電しているので、図2のように多くの水分子(H2O)が凝集結合(水素結合)した大きな固まりを形成します。これが一般的な水道水の状態です。
2.この水素の核に励起現象を起こし凝集を小さくして水の浸透性を高めると同時に(図3)、その水をポンプ等のエネルギーで動かす事により雷雲同様、配管内で連続的に放電を起こさせます。この放電が連続的に赤錆を黒錆へ還元します。このように還元力が高く浸透性に優れた水を創ります。
※NMRは病院の断層写真撮影用のMRIに利用されている安全性の高いものです。
※当社のNMRは、常磁性共鳴との境界上の技術です。

水の浸透性が大幅に向上する為、次の事が期待できます。
1
雑菌に関して公式データを保有しています。
(財)コーペル生活科学研究所による実証試験としてNMR活水器による一般細菌減少試験における"細菌の減少"を確認しています。
NMR活水による細菌の減少
2
ごはんがふっくら炊けます。
女子栄養大学での炊飯比較実験にて"含水量上昇"を確認しています。
3
家庭菜園も発育が楽しみに
動植物の成長比較実験にて、カイワレ大根は2倍の発芽率(社内試験)の結果となりました。
4
その他
コーヒー・お茶などが美味しくなります。(※使用者多数 アンケートより)
女性一人でも簡単設置!

「水道メータボックス」以降の配管外部へ上下に挟み込んでボルトで締めて取り付けるだけで、効果が期待できます。
※断水工事は必要ありません。メーター周りがコンクリートなどで覆われているなど設置が困難な場所は水道業者へご依頼ください。

ニューウォーターマックス 利用者アンケート

『ニューウォーターマックス』をご利用いただいた方からのアンケートを抜粋して掲載しています。

飲み水が美味しくなり、ペットボトルの購入が不要になった。
(埼玉県飯能市)男性

私共のところは、お茶コーヒー、紅茶など、飲み物をよくいただきます。私共だけではなく、毎日のように遊びにくる娘たちも、同じように美味しくなったと感じているようです。
あとのところは、注意しながら違いを感じていきたいと思っています。ありがとうございました。
(東京都世田谷区)男性

水・米がとても美味しくなった。特に米はすき通っていて臭みがなくお風呂のぬめりがなくなって水の汚れが少なくなった。洗面所、台所のぬめりもなくなり、とても満足しています。
(広島県佐伯郡)女性

いつもお風呂は一番先に入るので以前の新湯のチクチク感が全くなくなってお湯がしっとりとしたのにはびっくりしました。
今では飲み水は必ず浄水器を通したものではないと、カルキくさくて飲めませんでしたが、普通でも殆ど変わらないので飲めます。
歯をみがいても、前はまずい水と感じていたのに今は全く安心。トイレの水に流してしまうのがもったいないような気がします。
これから夏場、水の悪くなる折、とても気が楽です。
(千葉県船橋市)男性

浴室内にカビが生じないのが不思議です。
(神奈川県川崎市)男性

浴槽の水、洗濯の水で下水があふれていたのがあふれなくなった。溜マスのフタを開けたら、下水管のヘドロがなくなり、溜マスの中はきれいな澄んだ水が流れていてびっくりした。
(鳥取県米子市)女性

価格・お問い合わせ
商品名 家・まるごと活水!体に優しいNMR活水器
『ニューウォーターマックス』
価格 294,000円(税込)※送料無料
製造元 日本システム企画株式会社
http://www.jspkk.co.jp/
NTT日比谷同友会会員など、NTTOBの方々は、下記フリーダイヤル、
またはお問い合わせフォームより価格などお問い合わせください。
お申し込み・お問合わせは今すぐフリーダイヤル!0120-563-863 お問い合わせフォームへ
【受付時間】平日午前9時半~午後5時半(昼12時~1時除く)

ページの先頭へ戻る